【2018/4/16】牡羊座の新月。

朔望月

2018年4月16日10:57頃、牡羊座で新月。
先月の春分後、初めての新月でもあり、始まり感が強いです。

 

牡羊座(♈)に4つの天体が集まり、始まり感が強くあります。
太陽(☉)と月(☽)、そして天王星(♅)が重なり、突発的な出来事を予感させます。
牡羊座の4天体に対して、山羊座(♑)の3天体、冥王星(♇)、土星(♄)、火星(♂)が緩く干渉し、太陽と月が目指す高みへの問いを投げかけているようです。
その一方で、山羊座に座する天体は、蠍座(♏)の木星(♃)と牡牛座(♉)の金星(♀)へと調和と繁栄のパワーを注いでいます。木星はそのパワーを受けて楽しみや繁栄を押し広げていく・・・ともすれば広げ過ぎて悪影響が出かねない程、広がっていくかもしれません。
何事も、やり過ぎは崩壊を招きます。
常に周囲や外部からの働きかけを念頭に入れて、社会や外部との調和を考えていくと、より一層スムーズに目指す方向に進んで行ける、そんなエネルギッシュな新月の力を信じてこの1ケ月を過ごしていきましょう。

太陽(☉)と月(☽)は牡羊座の数え度数27度にあり、サビアンシンボルは、
「想像の中で復活された失われた機会」
失敗から多くのことを学んで何度でも立て直していくという度数。

サビアンシンボルからもスタート感を感じます。
様々な経験を踏まえた上での、再スタート。
という感じでしょうか。

4月は年度始まりの月でもあります。
新しい環境に入って新たなスタートを始めてる方も多いかもしれません。
この時期に、目指す方向を決めて進んで行くと、これから1年間で大切な何かを掴んで行けるでしょう。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で『星空の羅針盤』をフォローしよう!