【2019/8/8】蠍座の上弦の月。ライオンズゲート。次元の扉が開く。

朔望月

190808蠍座上弦画像
案内人

2019/8/8 2:31頃、蠍座で上弦の月です。

ライオンズゲート。夏至から土用を経て立秋へと至る時。

いわゆるスピリチュアルな業界では、数年前からこの時期になると「ライオンズゲート」というパワーワード(笑)を目にするようになりました。

毎年大体8月8日頃にやって来ます。
西洋占星術では太陽が獅子座の15度を通過する時です。今年はたまたま蠍座上弦と同時期になりました。
二十四節気では立秋の時です。秋の土用が終わる時でもあります。
このタイミングを特別に「ライオンズゲート」と呼んでいるようです。

太陽は地球の周りを一年間でぐるりと360度一周します。(西洋占星術では今なお天動説を採用しています)
それを4分割すると90度ごと、牡羊座・蟹座・天秤座・山羊座の0度に切り替えポイントがあり、二十四節気ではそれぞれ春分・夏至・秋分・冬至(二至・二分)にあたります。更に4分割する(8分割ですね)すると、90度の半分45度に、牡牛座・獅子座・蠍座・水瓶座の15度に切り替えポイントがあり、二十四節気ではそれぞれ立夏・立秋・立冬・立春(四立)にあたります。
二至・二分で放たれた季節のピークのエネルギーが四立で解放されて次の季節に移っていくというイメージでしょうか。

立秋がライオンズゲートと呼ばれて特別視されるのはいくつかの理由があるようです。
この季節、恒星のシリウスが太陽と共に東の地平線から昇る時期に当たっているというのも理由一つです。
日本では立秋を経てお盆という地獄の釜の開く時期を迎えるということも何か意味がありそうな気もしますね。

蠍座上弦。真夏の楽しみと輝き。一瞬の美しさを味わう。

decoration32

蠍座上弦 2019/8/8 2:31 のチャート

chart_201908080232

引用:さくっとホロスコープ作成

蠍座上弦。感情と癒しの交流を通して我が道を歩む力を得る。

山羊座(♑)に滞在中の土星(♄)と冥王星(♇)が他者を表す7ハウスにあり、特に土星はディセンダントに重なっています。社会の厳しさを叩きつけられる一方で多くの庇護やバックアップを受けています。
そのポイントに対して、向上心やグレードアップを表す9ハウスにある魚座(♓)の海王星(♆)と楽しみや娯楽を表す5ハウスにある蠍座(♏)の月(☽)が小三角形という複合アスペクトを形作っています。
そして、ディセンダントの反対側のアセンダントを加えると水のグランドトラインが出来上がります。
感情の癒しと幸福感の循環に地に足のついた安定感が加わって穏やかな時間がやってきそうです。
先月の日蝕・月蝕のインパクトでお疲れ気味だった心身を休める時間になるかもしれません。
上弦から満月の頃にかけて、夏休みやお盆休みに入る方も多いかと思います。家族で過ごしたり、故郷で寛ぐ時間が何よりのリラックスタイムでしょう。

獅子座(♌)の太陽(☉)は金星(♀)と重なって、ルーツや元々持っていいる資質を表す2ハウスにあります。
山羊座の土星とクインカンクス(150度:訓練・相容れなさ)の角度を取っています。
お盆という時間が何らかの事象を表面化させるのかもしれません。
自身にとってどのようなものかはそれぞれですが歩み寄ってみることで事態が進んで行くことに繋がるでしょう

太陽は獅子座の数え度数15度にあり、サビアンシンボルは
「山車」
感情の興奮の頂点で自己表現力を満足させ、高揚する出来事の中で真に自分の意識が目覚める度数です。
まさに山車を引いてお祭りに参加してるような獅子座の頂点にある時です。
その太陽の側には 喜びの天体である金星(♀)があり、 射手座(♐)の木星(♃)がトライン(120度:調和・幸運)のアスペクトを投げています。
主体的な自分を表す太陽は今まさに「夏」を満喫している真っ最中の様相です。
月は蠍座の数え度数15度にあり、サビアンシンボルは
「 五つの砂山の周りで遊ぶ子供たち 」
集団的・組織的な頂点に立ち支配力を手に入れようとする度数です。
太陽と月、どちらも頂点に上がることで、獅子座と蠍座のピークを迎えます。ピークを迎えたら必ず降りていくことになります。降りていく時はそれぞれ獅子座には水瓶座の蠍座には牡牛座のエネルギーが流入します。鏡の性質を取り込むことにより、サインとしての完成形を見出していきます。

上弦の時期は満月へと至る過程でさらにステップアップしていく時期。今回の蠍座の上弦は感情や体の癒しを充足する時間であるとともに自身の資質やルーツを見直すことでグレードが一段階アップする、そんな時間になりそうです。

上弦の過ごし方

月と太陽がぴったりと特定の角度を取る時は、月が太陽からのエネルギーチャージを受けているタイミングです。

朔望月だと、新月(0度:コンジャンクション)、上弦(90度:スクエア)、満月(180度:オポジション)、下弦(270度:スクエア)の4つです。
スマホ等を充電する時には使いながらするよりも、触らずに放置している方が充電の速度がアップするのと同じで、月が太陽のエネルギーをチャージする時も忙しく動いているよりもリラックスしている方が効果的なのです。
月=自分の心身として捉えて、上弦の月の前後6時間程はいつもよりもペースを落としてゆったり目で過ごしましょう。

今回の上弦の月は8月8日の午前2時過ぎ、夜中にジャストタイムが来ます。
前日、8月7日のうちに新月の願い事を確認してみましょう
順調に進んでいますか? それとも、全然ですか? もしかすると全く興味がなくなってしまっているかもしれません。
これから満月までの一週間の過ごし方をここで今一度見直してみましょう。
どうしようか決める必要はありません。
いくつかの選択肢を想像してみる程度で大丈夫
です。
そして、そのまま、いつもよりも早めに就寝してゆっくりと体と心を休めましょう
8月8日の朝、きっと何らかの方向性が見えてくるかと思います。

参考データ

decoration02

三区分

  • 活動宮:水星・土星・冥王星
  • 不動宮:天王星・金星・太陽・火星・月
  • 柔軟宮:木星・海王星

四区分

  • 火の星座:金星・太陽・火星・木星
  • 風の星座:
  • 水の星座:水星・月・海王星
  • 地の星座:天王星・土星・冥王星

サビアンシンボルリスト

サビアンシンボルは数え度数(実際の天体のある度数より1足した数)を使用します。

太陽(☉)

獅子座(♌)15度
「山車」

月(☽)

蠍座(♏)15度
「五つの砂山の周りで遊ぶ子供たち」

水星(☿)

蟹座(♋)27度
「渓谷での嵐」

金星(♀)

獅子座(♌)14度
「表現の機会を待つ人間の魂」

火星(♂)

獅子座(♌)24度
「砂漠を横切るラクダ」

木星(♃)

射手座(♐)15度
「自分の影を探すグランドホッグ」

土星(♄)

山羊座(♑)16度
「体操着の少年少女」

天王星(♅)

牡牛座(♉)7度
「サマリアの女」

海王星(♆)

魚座(♓)19度
「弟子を指導する巨匠」

冥王星(♇)

山羊座(♑)22度
「敗北を優美に認める将軍」


この記事を書いた人
案内人:志帆

星模様探求人。天空の象意を探求していくこととは何かを追い求めずにはいられない太陽星座・射手座のアラフィフ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で『星空の羅針盤』をフォローしよう!