【2018/5/29】射手座の満月

朔望月

2018年5月29日23:20頃、射手座で満月。

 

新月の願い事は、満月の頃に、一旦カタチになります。
願い事が思った通りに叶いつつあることもあり。
願ったこと以上のことがかたちになることもあり。
はたまた、願い事が既にどうでもよくなってることもあり。

どのようになっていても、それはそれで納得できるものになっていることでしょう。

満月でカタチとなったものは、まだ、フルフルと緩くて固まっていません。
月が欠けていく過程で、段々と固まっていくのです。

 


 

今回の射手座の満月図では、水の星座で大きな三角形が形成されています。
主に感情面で大きな循環が起きている方も多いかもしれません。
ほとんどの天体が緩く繋がっている、そんな何ともふんわりとした雰囲気です。
感情が揺れ動いているけれども、どこか他で起こっているような、そんな分離感があります。

一方で、月と太陽は、鋭さを持つ場所にあります。

太陽(☉)は双子座(♊)の数え度数9度にあり、サビアンシンボルは、
「矢で満たされた矢筒」
集中力が高まり、限界を突破したい欲求を持ち、かつ、成果も上がっていく度数です。

月(☽)は射手座(♐)の数え度数9度にあり、サビアンシンボルは、
「階段で子供たちを連れている母親」
ひとりでは成し得ない高みへと人の助けを得ながら上がっていく度数です。

双子座と射手座は共に学びの欲求の強い星座です。
双子座は幅広い知識、義務教育的にあらゆる方面の様々な知識を得ていこうとします。
射手座は専門的な知識、高等教育的に突き詰めた探求をしていこうとします。

ご自分の目指したい学びの方向を改めて自分の感情に問いかける、そんな満月の時間になりそうです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で『星空の羅針盤』をフォローしよう!