【2019/3/21】太陽が牡羊座に移る時。春分。

2019年3月21日四季図

2019春分画像
Left Caption

案内人

2019/3/21 6:58頃、太陽が牡羊座に移動します。

春分とは~陽に転じる日。一年の始まり。

decoration02

春分は昼夜の長さが同じになる日で、日本では二十四節気の一つとして重要視されています。春分と秋分は祝日とされていることからも、古来から大切にされているということが分かります。
日が照らすことによって、陽が引き立ち、同時に陰も濃く意識され、陰と陽という対比が生じます。日が照る時間と日が陰る時間が等しくなる時、そして、陽の時間が増え始める、陽に転じるタイミングが春分です。

日本は天照大神という太陽神を祖としていることからも、元々、太陽を重要視している国柄です。立春で春を意識し始め、雪が雨に変わる雨水の頃に陽の気があたりに漂うのを感じ、虫が春を察して動き出す啓蟄で春の蠢きを目撃し、春分で春の一番高まった分水嶺を見届けます。四季がこれ程に感じられる恵まれた国柄に生きていることを感謝せずにはいられませんね。
日本人の自然に対する繊細な感性は四季に恵まれた国柄から来るのか、元々の感性があるから四季を敏感に感じるのか、鶏が先か卵が先かの話になりそうですが、これからも大切にしていきたい特性の一つであることは間違いありません。

西洋占星術でも春分は重要視されます。
太陽が12星座の最初のサインである牡羊座に入る瞬間のホロスコープで、それからの一年の運勢を占います。
そのホロスコープを春分図と言い特別扱いされ、太陽が蟹座に入る瞬間の夏至図、天秤座に入る瞬間の秋分図、山羊座に入る瞬間の冬至図と4つ併せて「四季図」と言います。
春分図が一年全体を俯瞰する図として捉えられます。他の、夏至図・秋分図・冬至図はそれぞれその図以降の3か月間を表し、季節ごとに特筆すべきことが表されているという感じになります。

本来の四季図は、国の運勢や世相や社会情勢、天変地異などを占うものですが、『星空の羅針盤』では四季図の表すことが私たち一般人にとってどんな雰囲気をもたらすのか、といったようなことを見ていきます。

2019年春分~過去を破壊し再生し、魂の望む方向へと向かう初めの一歩

decoration27

2019/3/21 6:58 春分図

引用元:サクッとホロスコープ

2019年春分~ドラゴンヘッド&ドラゴンテイル

上のチャート図には表示されていませんが、蟹座(♋)の24度(数え度数25度)にドラゴンヘッドがあります。
ドラゴンヘッドの真反対にはドラゴンテイルがあり、山羊座(♑)の冥王星(♇)と重なっています。
ドラゴンヘッド&テイルは太陽の軌道(黄道)と月の軌道(白道)が交差する点を表しています。ドラゴンヘッドは今生での使命や人生におけるテーマを表し、ドラゴンテイルは過去生で繰り返してきたパターンで今でも安心できる古巣を表します。現代の西洋占星術では、ドラゴンテイル的生き方から抜け出してドラゴンヘッド的生き方の方へ向かうのが魂の成長や人生での目的を果たすことになると捉えられています。
今回の春分では、ドラゴンテイルの表す過去生で繰り返してきたパターンや安心できる古巣のような場所を破壊と再生を司る冥王星がガシガシと攻め立てている真っ最中であり、その傍らには、制限や社会的秩序を表す土星が控えています。冥王星が破壊し再生したものを土星が冷やし固めて使い物になるようにしているイメージです。
このように、春分におけるドラゴンヘッド&テイルは重要なことを表しているように見て取れます。
そして、土星・冥王星・ドラゴンテイルと牡牛座(♉)の火星(♂)と乙女座(♍)の月(☽)がグランドトラインという幸運の複合アスペクトを形作っています。これにドラゴンヘッドを加えるとカイトという複合アスペクトが出来上がります。幸運の循環に方向性が出てより現実味を帯び実現実行力が高まります。
特に、このカイトは地の星座でグランドトラインを形成していますのでより物質的現実的な具現化力があり、そこに感情や情緒の水の星座が加わります。「なんかわかんないけど思いついたことしたらうまくいった」みたいなことではなく「やると決めたことをコツコツと続けて行ったらこんなところまできた」という性質の成功を表します。
既に得ていること、得意なことを見直して再構築し、新たなステージへと進む礎を作る一年になるのかもしれません

参考データ

decoration03

3区分

  • 活動宮:太陽・土星・冥王星
  • 不動宮:金星・火星・天王星
  • 柔軟宮:月・水星・木星・海王星

4区分

  • 火の星座:太陽・木星
  • 風の星座:金星
  • 水の星座:水星・海王星
  • 地の星座:月・火星・土星・天王星・冥王星

サビアンシンボルリスト

サビアンシンボルは数え度数(実際の天体のある度数より1足した数)を使用します。

太陽(☉)

牡羊座(♈)1度
「女性が水から上がり、アザラシも上がってきて彼女を抱く」

月(☽)

乙女座(♍)28度
「禿げ頭の男」

水星(☿)

魚座(♓)19度
「弟子を指導する巨匠」

金星(♀)

水瓶座(♒)23度
「座って全ての手足を振っている大きな熊」

火星(♂)

牡牛座(♉)24度
「馬にまたがり骸骨の留め具を付けたインディアン」

木星(♃)

射手座(♐)24度
「家のドアにとまっている青い鳥」

土星(♄)

山羊座(♑)20度
「隠れた合唱隊が歌っている」

天王星(♅)

牡牛座(♉)1度
「清らかな山の小川」

海王星(♆)

魚座(♓)17度
「復活祭の歩道」

冥王星(♇)

山羊座(♑)23度
「戦争での勇敢さを讃える二つの賞」

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で『星空の羅針盤』をフォローしよう!