金星(Venus:ヴィーナス)

金星

金星アイキャッチ

金星は美と調和の天体

decoration30

金星の表すこと

金星は感受性の華やかさを形成する天体です。
金星は高校生の頃(16歳)から大学卒業して社会人を数年体験する頃(25歳)に発達する天体です。その発達段階では「感じる」動きがクローズアップされます。
新しい体験に対して感性として馴染んでいくという意味での「感じる」働きを再認識していきます。次々に新しい楽しみを発見し、趣味をバラエティー化していこうとします。また、 金星は同化することでより一層発達するので、調和やバランスが乱れるのを嫌います。
この時期に楽しみ方や感受性のスタイルが形成され、情感の豊かさや芸術に感動する感受性を養い、生涯にわたっての趣味や好みが培われていきます。 この頃は恋愛に夢中になる時期でもあります。

金星は個人天体と呼ばれる天体の一つであり、個性を形成するうえでの重要な働きをします。人生を楽しむ上での華のある部分は金星の滞在するサインによって示され、個人の喜びや快楽のポイントが分かり、趣味や嗜好も表れます。また、その個人特有のバランス感覚も表れるので愛されポイントや魅力を示します。

金星は太陽系では地球より太陽に近い内惑星で、公転周期は225日と地球の三分の一です。内惑星であるために、太陽から48度以上離れません。そのため、出生のホロスコープでは金星と太陽が形成するメジャーアスペクトはコンジャンクションのみとなります。

金星のキーワード

妻、財産、愛、芸術、愛情、金銭感覚、恋愛、お金、美、調和、女性性、文化、倫理、所有物、パートナーシップ、魅力、甘い食べ物、調和のセンス、音楽、若い娘、乙女、姫、思いやり、恋愛運、金運、結婚、アクセサリー、欲、芸能、ファッション、贅沢、実益のあるもの、夢中になること、人生を豊かにするもの、戦いのご褒美

金星の基本情報

decoration19
記号
公転周期 225日
支配サイン 牡牛座、天秤座
発達年齢域 16~25歳
人体 腺、静脈、腎臓
パステル調の色彩
宝石 エメラルド、サファイヤ
金属 銅、青銅
神話 美と愛の女神アフロディーテー
(ヴィーナスは英名)

金星の運行スケジュール

decoration40

2020年の運行状況

2020年1月15日 魚座に移動
2020年2月9日 牡羊座に移動
2020年3月6日 牡牛座に移動
2020年4月5日 双子座に移動
2020年5月13日 逆行開始(双子座21度)
2020年6月25日 順行開始(双子座5度)
2020年8月9日 蟹座に移動
2020年9月7日 獅子座に移動
2020年10月4日 乙女座に移動
2020年10月29日 天秤座に移動
2020年11月22日 蠍座に移動
2020年12月17日 射手座に移動

この記事を書いた人
案内人:志帆

星模様探求人。天空の象意を探求していくこととは何かを追い求めずにはいられない太陽星座・射手座のアラフィフ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で『星空の羅針盤』をフォローしよう!